2017.04.09 クリーブランド(2)

ホテルは快適でしたが、時差ぼけがつらい、という状態でありました。同行者の方とメールで(笑)連絡をとり、10時にロビーに集合し、唯一の自由日を少し待ちに出て楽しんでみることにしました。

東南アジアですと、大きな街は鉄道があったり、タクシーが理容師安かったりして歩きやすいですが、なにしろアメリカ・・・。同行者の方がアメリカに出張したことが多いようで、10時にタクシーにピックアップしてもらうように、ホテルの受付で頼んでおいてくれたようでした。

クリーブランドのダウンタン方面に向かってもらいます。お目当ての場所が・・・。

目的地到着・・・。

この日訪れたかったのは「ロックが生まれた場所」。

Rock & Roll Hall of Fame でした。いわゆる「ロックの殿堂」です。入場料は20数ドル。

ここからは興味のないかたにはどうでもいいものばかりなのですが、好きな方には「堪らない」展示品がありました。

ジョーンバエズの衣装。いまもテレビでお元気な森山良子さんは「日本のジョーン・バエズ」と呼ばれていましたね。

ブルースミュージックのルーツ、ロバートジョンソン。

ルイアームストロング

ぐいぐいとこの辺ですでにシビレまくっております。エルモアジェームス。

Tボーンウォーカー。ビートルズ世代でもありませんので、しびれるポイントが同行者の方とは違いました。

ジョンリーフッカーのギター。しびれる、しびれる・・・。

Eプレスリーのダブルネックギター。

やっと本来の年代に近づいてきました。ブルーススプリングスティーンのギター。。ビリビリシビレます。

デヴィッドボウイ様の衣装。

マイケルジャクソンのジャケット。

ビートルズは聴きませんが、リスペクト。

かなり最近のテイラースイフトの衣装。

シビレまくったあとは昼食。売店のようなところでサンドイッチやらスタバのコーヒー牛乳(瓶入り!)などを買い込んで、「アメリカナイズ」された昼食をいただきました。2時間半くらい経過してしまいまして、同行者の方との待ち合わせ場所は「3回のチャックベリーの前!」という、しびれる方法でした(笑)。

エントランスのホットドッグを思いだし、帰り際にやっと1枚。

一人ですと公共交通機関を使って移動することを一番に考えるので、これなかった可能性が大きかったです。同行者の方に感謝。。

アメリカは巨大な敷地なわけですが、お隣のミュージアムまであるいてみました。

Great Lakes Science Centerです。

五大湖(Great Lakes)を扱ったミュージアムかと思いましたら、科学技術館のようなところで地域の子供たちが科学にふれる、という趣旨に感じました。

ワシントンDCのスミソニアンでも見てきたけど・・・。

メカ好き・・・。

誠に申し訳ないが、改修中のエリアもあり、すこし微妙・・・。ということで続いて五大湖のエリー湖を眺めに外に出ました。

「ロックの殿堂」を外から見ると摩訶不思議な形をしています。土地は広大にあるのに、なにも湖につきだして建てなくても・・・と思ってしまいました。

エリー湖はとにかく巨大。海と同じ感覚です。

街並みのほうをみると、綺麗です。大都会ですね。

そんなこんなで午後2時半頃までぶらぶらしておりましたところ、朝ホテルからここまで運んでくれたドライバーさんに電話をして迎えに来てもらい、ホテルまで戻りました。

泊まっているホテルの外観はこんな感じ。5階建てで横に広く、「アメリカ!」という感じがしました。Courtyard Cleveland Airport Southにて。

この日曜日にもかかわらず、この土地に不慣れな私と同行者のために、訪問先の社長さんがディナーを一緒に、とお誘いをいただき、またまたダウンタウンのエリー湖の近くのTHE HARPというお店にて食事をいただきました。

Pan Seared Walleyeというお勧めの魚のお料理。付けあわせのインゲンがたっぷり。炭水化物はマッシュドポテトで取るようです。お魚はとても美味しかったです。アイリッシュ系のレストランらしく、ビールがとても充実していました。

先方の社長さんが街も案内してくださるとのことで、アメリカといえば「野球」、とのことでクリーブランドのスタジアム(当日は試合はありませんでした)

ラリー・ドビーの銅像。

ボブ・フェラーの銅像。

ジム・トーミ。

クリーブランドで活躍した大スター達です。

Case Western Reserve Universityのそばにも連れて行ってくれました。説明を伺ってやっと思い出しましたが、この街、世界的に(もちろん日本でも)有名なCleveland Clinicがあるところだったですねー。

The Cleveland Museum of Artも。

てっきりこちらの大学病院のことかと思って尋ねたところ、違うところに「クリニック」というものの大きなビルがたくさん集まっているいったいの横を通りかかったとき、「ここだよ~」とのこと。クリニックは診療所のことだと思っていたのですが・・・。超巨大病院でした・・・。大学からほど近いところでした。

オハイオ州クリーブランド、なかなか素敵な町でした。この日もホテルに送り届けていただきまして、翌日からの仕事に備えて早々に休みました。(でも時差ぼけのままなので、へんな時間におきてしまいました)