ラオス旅日記

ラオス旅日記を書き始めていましたが、Mixiは黙っていても保存してくれるほどやさしくないので、途中、仕事などもポチポチとワープロをしながらどさくさに紛れると、mixiの日記書きかけページも閉じてしまってアポーーーん、というのが2-3回続きました…。

がっくり気分なので、u-zeekwyetの旅日記HPにアップしていくことにします。ブログ、SNSやらツイッターやらを上手く使いこなせないと旧人類になった気がしますが、これが時代の流れとの速さとあきらめつつ。。

2011.02.23-24 ヴィエンチャン・バンコク(6)

今日はバンコクから日本に戻る最終日です。とまっていたホテルはASOK駅がもよりなのでBTSを乗りついてSATHORN(サトーン)の船着場までやってきました。チャオプラヤ河のボートにのって移動するためです。

船は乗ってから料金を払いますが、地元の人、旅行者でごった返しておりなかなか座ることができません。

チャオプラヤ河を上流に進んでいく途中、ワット アルンが左岸に見えてきました。今回はラオスの疲れもあるので、急な階段を上るワットアルンはパスしました。

チャオプラヤ河はいつもにごっていますが、この川面が近い感じがチャオプラヤ河のボートならでは景色でしょう。

今日は国立博物館を訪れることにしました。博物館はチャオプラヤ河を上流に向かったときに右岸にあるのですが、N9ターチャン船着場(ワットプラケオ最寄で右岸)から歩くとかなり遠くなるので、N10ワンラン船着場(左岸)から3バーツの渡し舟に乗り、プラチャーンという小さめの船着場(右岸)にわたりタマサート大学を目指します。下の地図で「シリラート病院」は有名な法医学博物館があるところです。

一端、N10ワンランに上陸して、外に出ます。

そして回転ゲートのおばちゃんに3バーツ支払い、渡し舟に乗ります。

あわてて乗ったので、降りたときに写真を撮っておきました。単純往復を延々としている船なので、固定した看板がかかっているので乗り間違える心配は無いと思います。

チュラーロンコーン大学と並んで有名なタマサート大学の塀に沿って進みます。

大通りに出たら左です。ちゃんと有名な場所はバンコク市内なら英語の看板もあると思います。

タマサート大学の門を眺めて通り過ぎます。

すると目指す「国立博物館」がありました。

ワットのような建物ですが、これすべて博物館の建物です。撮影禁止とのことで、概観だけですが日本に関する特設点をやっていました。

見学が終わったら今回は本当にこちらだけを見に来ましたので、また渡し舟に乗って戻ります。

シリラート病院の敷地には、Faculty of Nursing ということは看護学部などの教育機関としての役割もある大病院なのでしょうね。

ホテルには荷物が預けてあるので、MBKにあるちょっと良いめの方のフードコート、Fifthにて今回のたびの〆のパッタイをいただきました。

荷物を受け取り、空港にてチェックイン、夜発・朝着の羽田行きのNH174便で帰国の途に着きました。ヴィエンチャン中心に観光?した旅もこれで終了でした。

2011.02.22 ヴィエンチャン・バンコク(5)

ヴィエンチャン最終日、自転車を半日だけ借り出し(でも1日分支払・・・、フロントの人は「半分にディカウントできるかもしれない」と言っていたのですが・・)。

最終日は博物館を含めて、いくつか見残したところを自転車で回ってから空港にいきます。バトゥサイも自転車だとあっという間です。

ラオス人民軍歴史博物館に到着です。バトゥサイの後方へ向かってひたすら自転車をこぐだけです。一本道なので、自転車で迷わずたどり着けます。

ラオスの歴史を振り返るに、植民地支配と独立戦争に支払った犠牲は大きなものがあると思います。金色の銅像が社会主義国の感じを漂わせています。入館量を支払い、荷物を預けて中に入りますが撮影禁止なので、外回りだけ撮影してきました。

建物は大きく立派です。内部は歴史に沿って国軍の歴史がまとめてある感じです。

展示品の写真はないのですが、1時間以上かけてゆっくりとみてまわりました。帰りは迷わないように同じ道をひたすら戻りました。

パトゥサイまで戻ってくれば後は多少は分かりますので、次に「ワットシームアン」に行きます。ヴィエンチェン中心部の中ではほぼ南端に位置するワットです。

境内には観光客、参拝客がたくさんいました。「シーの伝説」というのが語り継がれています。

境内には仏像をはじめ、さまざまな像がありました。

中には若い上座部僧がいらっしゃったので、お参りをしつつ手に紐を巻いてもらいました。自然に取れるまでしておくものとのことでした。お坊さんの右ひざの上に乗っている白いものが、ヒモの束です。

お祭りしてある仏像。

もう一人、お坊様がいらっしゃいました。

街角の銅像。すいません控えてなかったのでどちらさまの銅像やら・・・。

ヴィエンチャン滞在中にほぼ毎日のようにレンタルした自転車。1日2ドルほどでした。

ワッタイ空港の概観。こじんまりとしていますが、首都ヴィエンチャンの空の玄関です。

1階ロビーの待ち合わせスペース。

2階には土産物屋さんもありました。ドル払いもKip払いも出来ました。Kip払いをしたところ、おつりに大量の100kip札をもらってしまい、どうするものかと・・・。このとき、大体1000kip=10円という感じでした。

ワッタイ空港の周りには本当に何も無いです。

バンコクまでもどりのタイ航空機。

今回乗る機会はありませんでしたが「ラオ航空」の飛行機。ATR-72でしょうか。

ヴィエンチャンからタイ航空でバンコクまで戻ると大都会に来た感じがします。空港からそのままいつの定宿、フォーポイントバイシェラトンにチェックインしました。

ASOK駅側のウェスティンホテルの地下にあるスーパーの一角にあるフードコートで「カオマンガイトート」(揚げチキンライス)をいただきます。気軽に入れる店を何件か知っているだけで、気楽に食事できます。

ヴィエンチャンで昼ごはんを食べていなかったので、パッタイまでホテルにお持ち帰りました。普通、持ち帰りは ”Take out”(米語)、”Take away”(英語)などといいますが、バンコクあたりでは”Take home”というと通じやすいようです。