2010.06.12 クアラルンプール(1)

2010年の第3回目の海外修業は、マレーシアのクアラルンプールとしました。飛行機のことを調べるにつけ段々「マイレージプログラム」にはまっていたのですが、ANAのマレーシア便とはすなわち「マレーシア航空が運航する便へのコードシェア便」というものでした。

注意)さまざまな価格が出てきますが、あくまでも2010年6月のマレーシアのクアラルンプールでのことであります。

いままであまり理解していませんでしたが、このANAのマレーシア便はANAのネットサイトで予約したにもかかわらず、「マイル」はANAにつけることはできますが「プレミアムポイント」というのは1ポイントも付かないことがわかりました。結構衝撃的でしたが、「人生修業が目的」と割り切り、マイルとは関係なくマレーシアのクアラルンプールに出かけることにしました。

さて、2010年6月12日は最寄駅を7:06の電車に乗り、日暮里駅でスカイライナー7号(7:37)に乗り換え、成田空港第2ターミナルには8:30頃にはつきました。

ANAでチケットは購入したものの、実際の運航はマレーシア航空。「MH」と書いてあるカウンターを探してチェックイン手続きをします。

朝問題なく成田について、チェックインし飛行機も問題なく乗れました。ANAで予約をしたのですが、コードシェア便ということらしくて乗った飛行機も、中で働いているひともみんなマレーシア航空の人でした。ANAは空港第1ターミナルですが、こちらはマレーシア航空の飛行機に乗るということで、第2ターミナルに行かなければならない点、注意が必要だったくらいです。

そういえば、いつもミャンマーに帰るときに乗っていたTGの飛行機もコードシェア便が何とか、かんとか、と言っていた覚えがありましたので、「あ~、こういうことなのか」と理解できました。

マレーシア航空の飛行機(NH5855=MH89)は、10:30に成田空港を飛び立ち、クアラルンプール空港には16:40頃に到着しました。所要時間は6:40くらいでシンガポールよりも30分くらい早かったです。しかし、マイル数をみるとシンガポールより、少しだけ遠いのが意外だったところです。

クアラルンプール国際空港(通称、KLIA)は日本人で高校の先輩でもある、黒川紀章さんが設計したそうですが、とにかくでかいです。「サテライト」と呼ばれる部分に到着しましたので、メインターミナルまではエアロトレインという乗り物で移動します。メインターミナルの中心部分の写真です。実は見学可能な熱帯雨林を模したものが真ん中にあります。

IMG_063_S

入国の際には係官に「Good Afternoon !」と挨拶してみたら、「Now, Good Evening !」といわれて時計を見ると、結構空港の中の移動だけでも時間がたっておりました。

そこから入国などは全くスムースでしたが、両替屋さんをさがしてうろうろしていました。台湾やシンガポールでは両替屋さんはすぐに目につくところにありましたが、KLではすぐに見つかりませんでした。

思わず入管、税関を抜けた後にきょろきょろして歩き回りましたが、無事に両替はできました。だいたい、1RM=30円程度という感じでした。両替え屋さんのお姉さんがすでにマレー式の衣裳だったので、がぜん、マレーシア気分が盛り上がります。

その後、空港と市街地を連絡している特急(KLIA Ekspres )乗り場の案内に沿ってエスカレータを降りて行きました。ホームにあるチケットカウンターでチケットを購入し、無事に特急に乗れました。ちょうど成田エクスプレスみたいな感じですが、値段は35RM(1000円)くらい、17:20頃に出発した特急の乗車時間は30分程度でした。車窓からはしばらくヤシ畑なような景色が続きます。遠くに見えるモスクが、イスラム圏に来た気分を盛り上げます。

IMG_066_S

ちなみに、お金の利用感を試すために今年訪れた台湾、シンガポールはそれぞれ2万円を元地のお金に両替しましたので、「ちょっと多いかも」と思いつつも、マレーシアでもやはり2万円分両替しました。約700RMを手にしました。

さて、特急はKLセントラルという東京駅みたいなところについたので、まずはホテルチェックインするために、モノレールに乗り換える必要がありました。駅が東京と大手町くらい離れているそうで、てくてく歩きながら探していると、工事中の場所があったのでずいぶん遠まわりをしてやっと乗る場所がみつかりました。結果として、遠まわりをしたのは工事のせいで、現在の最短経路でたどり着いたようです。次の写真は、KLセントラルから「モノレールのKLセントラルまで移動する最中」にKLセントラル駅でとった写真です。KLセントラルからモノレールの表示を見て歩いていくと、KLセントラル駅を出たすぐの場所のここからいったん地上まで降りるようになっています。そこはバス乗り場になっており、結構活気があります(2010年6月現在です。駅のモノレール側は再開発まっただ中で恐らく近いうちに大きく変わっていくと思います)

IMG_067_S

モノレールの「KLセントラル駅」を示します。結構工事現場を迂回して、この駅を見つけた時は安堵しました。

IMG_006_S

モノレールの切符の自動販売機はありましたが、日本の券売機のように賢くないらしいので、みんな窓口で切符を買っていました。列に並んで、駅の名前+「プリーズ~!」、をいうと、ちゃんと磁気カードみたいな切符をくれました。ラジャチュラン駅まで2.1RM(60円くらい)。

モノレールはとっても小さい、かわいらしい乗り物でした。

IMG_009_S

今回予約したホテルは、Prince Hotel & Residence Kuala Lumpur というブキットビンタン(Bukit Bintang)駅近く、というよりはむしろラジャチュラン(Raja Chulan)駅から歩いた方が近いホテルだと地図で確認しました。最近は住所があると、Googleの地図で検索をかけるとはっきりと場所がわかりますので国内でも海外でもまずホテルはGoogleで検索してから出かけることが多くなりました。

IMG_010_S

KL随一の繁華街といわれるブキットビンタンですが、このホテルの場合、この駅から歩くと少し時間がかかります(15分程度)が、あまり繁華街に近すぎるのもにぎやかいすぎてゆっくり滞在できません。私としてはちょうどよい「距離感」であると思いました。

IMG_011_S

ホテルまではモノレールのラジャチュラン駅から10分弱、ミャンマーの歩道みたいに途中崩れているようなところを歩きますが、だいたい地図と照らし合わせたり、道路の名前の看板を確認したりして、迷わずたどり着けました。マレー語はローマ字なので読むことはできるのが大変心強いです。非常に高層の建物が多い大都会です。

IMG_014_S

ホテルは立派でした(ホテルの外観は翌日のページにいれてあります)。アップグレードをしてくれた、とかいろいろ説明して部屋は良いのですが、朝食や新聞のことは忘れていたみたいです。2010年の5月にシンガポールを初めて訪れた時には、結構、レセプションの女性が話してくれていることが分かりにくく、なんだか「敗北感」に打ちひしがれていましたが、今回のこのホテルでは、到着したての「テンションが高い頃」にもかかわらず、冷静に応対してチェックインすることができました。

この手の英語のやり取り、というの比較的「場慣れ」の要素が大きいのかもしれません。きれいない英語で、淀みなく説明してもらいましたので、内容は良く理解したつもりになっていました。

部屋の窓からはツインタワーが見えます。割り当てられた部屋が一歩間違えば、四角建物ですから思った見晴らしではなくなってしまいます。しかし、比較的低層階(14階の1411号室)にもかからず非常に方角的には「あたり」でした。

IMG_017_S

IMG_018_S

価格は2010年5月にシンガポールで泊まったホテルと同じ程度でしたが、遥かにグレードの高いお部屋でありました。キングサイズと思われるベッドは、「大の字」になって寝ても十分に余裕がありました。

繰り返しになりますが、ホテルに来るまでの道すがら、テクテクと歩いてきたわけですが、通りの名前はマレー語で書かれています。しかし、マレー語はローマ字表記なのでビルマ文字と違って読めるだけでも、難易度が違います。やはり東南アジア最難関なのは「ミャンマー」かもしれませんね。そもそもモノレールも、特急もないですし。

さて、Prince Hotel & Residenceというこのホテルはバスタブもあるし、眺めも良いです。なんだか一流ビジネスマン?が泊って仕事をしそうなデスクもありました。インターネットも自由に接続できるものが込みの価格でしたので、非常にお得感がありました。(1泊約300RMでした)

IMG_021_S

シンガポールより何千円も部屋代が安いです。でも、シンガポールより町が広いので、電車やモノレールで観光をするのは難しい(たくさん見たり、まわったりできない)という印象を初日に持ちました。

ホテルはラジャチュラン駅からは徒歩7-8分くらいでしょうか。途中の交差点は初めて渡るときは戸惑うかもしれませんが、なれれば普通の東南アジアの道です。

赤道に近い場所らしく、夕焼け時間帯は短く、日が落ちだすと一変に暗くなりました。めげずにいったんラジャチュラン駅方向に向かい、モノレールに沿ってブキッビンタン駅まで歩きましたが、繁華街だということでカメラを持ち出すのはやめて街歩き。。。アロー街の屋台通りにも行きましたが、シンガポールに比べると一人食べしにくい印象。それに初心を忘れずに「屋台は最終日」と決めていましたので、眺めるだけ。人出が多すぎて写真がありません。

台湾からだんだん難易度?をあげていますので、おなかを壊さないようにとの自衛策です。そう、「おなかを壊して死にかけたのは自分」なので自己責任です。(ちなみに夏とは言え、死にかけたのは普通の日本でのことなので…)

飛行機乗るのは大好きですが、それでも疲れましたので早く休んでしまいました。

#ラジャチュラン駅からホテルまでの道の間に、大きな建物の1階にセブンイレブンがありました。インド系のおばちゃんが店番をしておりましたが、ごくごく普通のコンビニでした。夕飯は屋台にチャレンジしなかったので、コンビニのパン・・・。食い倒れとは程遠い滑り出しなのはいつも通りです。

しっかり、タイガービールとハイネケンビールは買い込んできましたけれども、結構高めの設定です。やはりイスラム圏だからかもしれませんね。

窓からはライトアップされた「ツインタワー」が見えました。(窓越しの写真なのですこし写り込みがあります)

IMG_022_S

修行日記第2回シンガポール編(1日目)

やっとまとめる余裕ができた修行日記第2回目シンガポール編です。今回は滞在日数も短いので、ノートPCを持っていきませんでした。このため、旅の折々でミニノートを取り出して書き留めたり、よるホテルでその日の出来事をノートに書き留めたりという、なんだか昔の文豪!?の様なメモをもとにして書いていきます。

今回は現地でJALのマイル修行(すでに上級会員だそうなので修行というよりはちょっと息抜き!?)中の中学時代の同級生と合流します。同じ日の違う飛行機(彼はJALと私はANA)、異なる到着時間(彼は夜中、私は夕方)、また帰国の日は同じですが時間は1時間ほど異なる予定、という「現地集合・現地解散」の合流です。。。

さて今回はシンガポールを修行先に選んでいたものの、ミャンママの「ばっかじゃないの!?」という目線を交わすのに読経が要りましたので、突然決まった修行です。ホテルの予約もチケットの手配も下調べをする余裕なく、決めました(とはいえ、そこそこお値打ちにすませたのですが)

5月8日はANA NH111便11:05-17:20現地着の飛行機です。やはり前回の台湾修行と同じく、前の日はお客さんのところで結構遅くまで足止め。でも今回は飛行機の時間が11時ごろなので、8:06の京成スカイライナーに乗れるように家を出ました。

この4カ月ぶりの成田空港はやはり人が多かったですが、「7年ぶり!」という感慨のあった前回に比べるとやはり「慣れ!?」が出てくる感じです。持っている荷物をカウンターの人に見せて「預けなくてもよいですよ」という確認をとって、機内持ち込みだけで荷物をすまします。ホテルはダブルブッキングをしても知らないふり、という評判がネットでありましたので少しでも早くホテルにたどり着くために荷物を待ちたくなったのです。

子供のころ父の実家が九州なので、愛知県から飛行機に乗る機械が多かった(YS11のころ)のですが、「空港」という場所の気分の高揚感は独特な感じで好きです。(それでも「旅行は好きじゃない」という気持ちでしたが…)

今回はミャンママからのとくにお化粧品の要望はなかったため、免税店独特のお化粧品の香りを横に、搭乗口の方向に進みます。カードのおまけで付いてきたラウンジを利用できるカードなどもありましたのでちょいとよってみたりもして「旅気分」を高めます。

飛行機はさすが日本からは定刻通りのアナウンスで搭乗口に行きますと全くスムース。事前に座席も指定してありましたので、18Fという2人掛けの通路側を指定しておきました。するとなんと飛行機のドアが閉まるまでお隣はいらっしゃいません!二人分の席で7時間は「ラッキー」とばかりに、すこしは楽な体制が取れます。B767-300という飛行機はとても座席が狭いので、痩せた今でも「膝」が前の座席に届いてしまいます。縦方向の長さはやせても変わりません。

飛行機は順調で日本時間15時ごろには高雄とフィリピンの間くらい、15時にはマニラの東側くらいを飛んでいました。

飛んでいる高さも「高いところ好き」としてはこだわりで、最初は34000ft前後から36000ftを飛ぶようになり、時速も880km/hをキープしておりました。高いところの方が空気が薄いので、空気抵抗が少ない分燃料も節約できるし早く飛べると聞いたことがあります。でも南西向きに飛んでいくので向かい風でしょうね。。

途中、子供をバシネットに寝かせている御夫婦を見つけました。うちのチビたちも日緬往復数回(のべ10回くらい)を重ねていますので、懐かしい光景です。赤ちゃんづれは、チケット代はいらないですが、泣くと周りに気を使いますし、気圧の変化や轟音に赤ちゃんも不安なのか落ち着きませんので、できれば避けたかったのを思い出します。

飛行機は無事に定刻10分遅れ程度でチャンギ空港に到着しました。17:30頃なのでまだ外は十分明るいです。チャンギ空港は大昔、かれこれ17年も前に、インドネシアに出かけた折に途中乗り返しただけで「巨大な空港!」との覚えがあったのみです。台湾もそうですがなぜだか、17年前の初アジアで、当時乗り換えに使った空港(国)を順に訪ねる授業になっています。(特に意図していません)

飛行機から降りてから延々とテクテク・・・。空港でかいです…。台湾はイミグレの前に両替がありましたが、ここはないようです。そのままイミグレに向かいますと、電光掲示板に「ようこそ」などと日本語が出ています。おぉ!と内心感心しつつも、イミグレでもめそうにない白人の多い列に並びます。この時ばかりはいつも日本パスポートのパワーで、入国カードとスタンプを押すだけの時間です。

過去に何か聞かれたことがあるのは、イギリスくらい。ハワイでは国籍欄を「JAPANESE」から「JAPAN」に訂正されたことくらい。

さて、MRTの空港駅があるところを目指しますが、どこか両替をせねばなりません。テクテク進むと税関の前に両替え屋さんが2件ありますので、目があった方に行きます。2万円分両替え。300SGD弱となりました。

キョロキョロすると、上からの案内板に「MRT」の文字を発見。長いエスカレータを降りて、またキョロキョロ。「Ticket Office」の文字を発見しましたので、「EZ-Link Card」とやらを入手するために早速窓口に並びます。2番目だったので、フルに英語力を発揮!(嘘)

でも要点はつかみました「15$になるけれど、5$はカード台なので、実際に使える金額は10$だよ」ということです。何通りかカードの額があるようでしたが、「基本に忠実に…」15$のカードを入手。そしてMRTのゲートをくぐります。

ガイドブックによると、空港駅から2駅目の「タナメラ」で乗り換えが必要とのこと。ドキドキしています。成田からの電車比べると、地元の人?っぽい子供がたくさん乗っているのはなぜだかわかりません。

2駅目のつくと、なんとも聞き取りやすい英語でアナウンスがあり、乗り換え駅であることはよくわかります。車内アナウンスが「英語、中国語、マレー語、タミル語?」の4種類、車内の注意書も同じく4種類です。多民族国家を感じるところです。

そしてMRT東西線のメイン路線に同じホーム乗り換え、City Hall駅を目指します。ホテルは楽天から「ペニンシュラ・エクセルシオール」を予約してありますが、「オーバーブッキングで知らんふり」をする、との書き込みや、レセプションが1F出ないので迷う・・・などなど。

約30分でCity Hall駅に到着して出口に向かいますが、さて空港では地上を走っていたMRTも、都心部では地下鉄になっています。どの出口から出るか迷いつつ、地図へ・・・。日本と同じ要領で地上の地図が改札を出たところにありますので、
出口を確認します。

目標となる出口はつかみましたので地上に出ると、「さぁ方向がわからない」。しかし「教会」がありましたのでそれを地図の起点にして方向を定め歩き始めます。

すると、5-6分の距離に「Peninsula Excelsior」と入口に書いてあるところが2つあります。ネットで調べてあった通り、1Fにはレセプションがありません。たんに荷物を見ているドアマンかポーターのような人がいるだけ。

「うーん」とうなりつつ、建物を半周してみると別に建物になってしまいました。これはいかん、と気を取り直し元に戻りポーターのような人に

“Hello ! Where is the reception?”

と聞くと、それまでは英語と中国語ではない言葉を話していたポーターさんが英語に切り替えて、エレベータの前まで案内してくれ、

「Lというボタンを押してください。LはLobbyのLですよ。そこに受付があります」

と丁寧な英語で応対。高級ホテルであれば、受付まで同行するでしょうが、そこはエレベータのボタンを押して説明してくれただけでも合格です。それより、久しぶりの英語が口から出てきてなんと安心。

「ヘロ~」

になっていたに違いありませんけど

さて、レセプションに到着。もともと2つのタワー型のホテルで下層階は地元の人向けのモール、なぜか1F入口はそれぞれのタワーで別、という変な作りでした。途中からつながり、ロビー階から上はまた別々のタワーが2本、というホテルでした。

さて、レセプション。

“Hello! My name is u-zeekwyet. I have a reservation.”

定型の英作文でしのぎます!楽天HPでは、立派な日本語でホテル紹介が書かれていますが、誰も日本語をしゃべる人がいないらしいと口コミに書かれていましたので、さっそく「英語修行」です。

でも以前の経験から、私はレセプションの人の英語の速さには苦手意識があります。たとえ英語圏でなくてもレセプションの人は定型の表現を1日に何十回ともなく、使っているからか非常に早口の英語である傾向が強いと思います。ましてやシンガポールの国語(共通語?)は英語ですから、芯から英語力のない私の場合、早い英語の出てくるときっと焦りそうで「心臓バクバク」です。。。

とはいえ落ち着きはらった風情を醸し出しつつ、楽天HPからプリントした確認書(ちゃんと英語でてています。楽天偉い⇒当たり前か)を提出。「ダブルブッキングしても放置プレイ」という恐ろしい口コミを見ている分、ビビります。

しかし説明は超早口、しか~し以前の私とは違う(爆)。なんとか

・2ベッドルームがよいか、ダブルがよいか
・デポジット代わりにクレジットカード通すが、ちゃんと予約したレート以上はとらない

などのやりとりをクリアし、部屋のカードキーをもらいました。やはり予想通り、ツインタワーの少しぼろっい「エクセルシオールタワー」側のお部屋でした。「ペニンシュラタワー」側のお部屋はそれはそれは立派なようですが値段が2倍ほど違います。

1泊140SGDというのは、一万円弱ですがその後サービス料と税金が追加されると書かれていましたので、1万円を超えるのは確実。そんなお部屋が写真の通りです。思ったほど悪くないですが東南アジア仕様でバスタブはなく、シャワールームのみ。ミャンマー基準の自分からすれば「合格」ですが、楽しみのために「海外旅行」にきた御夫婦やカップルだと「イラ」っとすると思います。

お部屋からはマリーナ方向の観覧車などが見えます。ここが2泊するシンガポールの拠点となります。