ガンその後

ガン続報が入ってきました。
S状結腸がん、とのことで最初聞いた時はオヤジギャルの中尊寺ゆっこさんといっしょではないか??
と思いましたが、ステージ2とのこと。比較的早期発見だとの所見。

腹腔鏡での手術可能性を母に聞いてもらいましたが、その病院では目視で確実に病変部医を切除し、リンパへの転移がないかを確認するという方針だそうで、ステージ4の大腸がんでも腹腔鏡下で摘出するわたしのお世話になった大学病院とはずいぶん違うものだなぁ、と感心しました。

70歳を過ぎた年齢なので、その意味では度々手術をすると流石に体力を失いますので、その病院の方針に委ねることを母と確認しました。父には納得できない説明の様だったら、東京に来てくださいと言ってありましたけど。。。

また別の話ですが、私たち夫婦のミャンマーでの婚姻証明書にサインをしてくれた義妹の師匠に当たる弁護士の先生が心不全でお亡くなりになったそうです。ミャンマーでは60歳前後で多くの大切な、親戚・知人・お世話になった方々がなくなっていきます。これが日本とミャンマーの医療水準の差です。。。

閑話休題

父の手術日は来週の外来で決まるそうです。ずいぶんのんびりペースですし、主治医から「息子を呼べ」とも言われていないそうなので、とりあえず安心しておきます。