ミャンマーのお米

ミャンマーを含め、タイ等、東南アジアでは長粒米という「長い粒」のお米が食べられていることをご存知だと思います。ここで、びっくりする?ことをひとつ。

ミャンマーでは、新米よりも古米の方が値段が高いのです。U-Zeekwyetが始めてそれをしったときには、「おいしいお米は要人がぜーーんぶ食べてしまうために、戦略的に古い米を食べさせているのか?」と思ったくらいです。しかし、しかし、まじめにミャンマーの皆さんは、香りの無い新米は「古米を食べられないヒトが食べるもの」と思っているようです。

おまけに私が「新米って、絶対おいしいから一度買ってみてください」というと、「古米を買うお金がなくなったから、新米を買いにきたと思われるから恥ずかしい!」という方までいらっしゃいました。

そこで実家では、「日本人は新米がすきらしいから、新米を頂戴!」といってもらい、事実古米よりも、何割も安い値段であった新米を買って来てもらいました。

そしてミャンマー風に鍋で炊き始めたところ、超ウルサ型の義妹が新米の炊き上がる香りに対して「あらあら、なかなかいい香りね♪」とポツリ。。

文化の違い、食習慣の違いを感じた一こまでした・・・。