新型コロナワクチン1回目接種

いまは教育機関に所属していることもあって、機会があればできるだけ早く接種したいと思っていました。すると、職場の大学が頑張っていただき、7月22日に職域接種として1回目のワクチンを打ってもらうことができました。

どうしても、理工学系出身者なので定期的に体温の計測と記録を残しておくのが癖になります。職域接種なので、モデルナを打ってもらっています。初日は大過なく過ぎました。ただ、夜には少し不安があったので「カロナール」を500分飲んています(体重や年齢によりますので医師の指導の下でお願いします)。

無事に7月23日の朝を迎えましたが、やはり、インフルのワクチンに比べて腫れが起きやすく、すこし腫れの感触も堅い印象があります。また赤発疹もあり、緩いですが痒みもあります。

とはいえ、年齢なりに(50代)の反応で、高熱になったり、戻したりなどの副反応は今のところありません。

モデルナなので、2回めは4週間後です。「モデルナアーム」が出てもいいように、「タリオン」を準備しました。塗り薬は皮膚科さんなどを尋ねないとなかなか難しいので内科的な薬のみ、準備中です。

できるだけ注意を払っていますが、朝の通勤バスはほぼ満員です。そんな中で通勤した後に、学生の皆さんに対面で講義をするのもは申し訳ないです(ソーシャルディスタンスは十分に確保していますが・・・)

コメントを残す