「原発被爆日記」

森江 信(著)読了。

原子核工学、原子力工学と呼ばれる学科に籍を置いたものとしては、ともても意義のある本に思った。専門用語が並ぶところもあるので、とくにBWR(沸騰水型原子炉)の構造に詳しくない人にはトンチンカンなところもあるかもしれない。

一方、自分は東京電力ではないものの、同じく東北にある原子力発電所のバルブやポンプを1点、1点、図面と現物の確認をしたことがある(弁は数が多すぎるので、おもにポンプ)。

運転開始から間もない、定検のときは放射能汚染も少なく、簡単な作業でした・・・。Amazonからリンクが消えてしまいました・・・。

原子力肯定派も、反対派も、ぜひ一度は読んでいただきたい本でした。