エッセイ・小説

●ポール アディレックス (著), 高橋 洋伸 (訳)、「因果応報の終わるまで―ミャンマー崩壊作戦」、文芸社(2004)
●大井靖夫、「ビルマのエグザイル―オーウェルと高見順の場合」、近代文芸社(1996)
●マウン・ミンニョウ, 重田 敞弘、 「日本からみた祖国ビルマ母と子でみる」、草の根出版会 (2004)
●遠藤順子、「ビルマ独立に命をかけた男たち」、PHP研究所(2003)
●大野 徹、「謎の仏教王国パガン―碑文の秘めるビルマ千年史    NHKブックス(953)」、日本放送出版協会(2002)
●山口洋一、ミャンマーの実像―日本大使が見た親日国、勁草書房 (1999)
●フジタヴァンテ (編)、奥平 龍二 (その他)、「ミャンマー―慈しみの文化と伝統」、東京美術(1997)
●綾部恒夫・石井米雄(編)、「もっと知りたいミャンマー」第2版、弘文堂(1994)
●大野 徹、「ビルマのむかし話    大人と子どものための世界のむかし話」、偕成社 (1991)
●ルードゥ・ドー・アマー(著)、土橋泰子(訳)「ビルマの民衆文化―語られたパゴダと微笑みの国」、新宿書房(1994)
● マウンターヤ(編)、土橋泰子(訳)、南田みどり(訳)、堀田桂子(訳)、
「12のルビー―ビルマ女性作家選現代アジアの女性作家秀作シリーズ」、新宿書房(1983)
●加藤徳道、「ミャンマーは、いま。」、ダイアモンド社(1995)
●田村克巳・根元  敬(編)「ビルマ 暮らしがわかるアジア読本」、河出書房新社(1997)
●マーティン・スミス(著)、高橋雄一郎(訳)「ビルマの少数民族―開発、民…世界人権問題叢書」 、明石書店(1997)
●ジョージ・オーウェル(著)、大石健太郎(訳)「ビルマの日々」、彩流社(1997)
●ミンティンカ、高橋ゆり(訳)、「マヌサーリー」、てらいんく(2004)
●マウン・フティン・アウン, 野口 栄一郎、「ヤンゴン河の虹―ミャンマー民話集」、文芸社 (2003/12)
●Hideyuki Takano (著) The Shore Beyond Good and Evil : A Report from Inside Burma’s Opium Kingdom   Kotan Publishing (2002)
●Alexandra Green (編集), Richard T. Blurton (編集) Burma: Art and Archaeology、 British Museum Press (2002)
●Noel F. Singer (著) 、Old Rangoon、Kiscadale Publications (1995)
●Noel F. Singer (著)、 Burmese Dance and Theatre (Images of Asia)、Oxford University Press (1996)
●Noel F. Singer (著)、Burmese Puppets、OUP Singapore (1993)
●アジア仏教徒協会、赤と緑の大地で―ミャンマーをゆく20年、不知火書房(2004/08) 
●伊藤京子、「ミャンマー 東西南北・辺境の旅」、めこん(2002)
●大西信吾、「ミャンマー動物紀行 旅日記編」、新風舎(2002)
●大西信吾、「ミャンマー動物紀行 資料編」、新風舎(2002)
●浜井幸子、「アジアの屋台でごちそうさま―おいしいごはん旅  ベトナム・ラオス・ミャンマー篇」、情報センター出版局(1998)
●風海りんね、「アジア恋愛のススメ―七転八倒、ビルマの花嫁日記」ワニ文庫、ベストセラーズ(2001)
●佐久間平喜、「ビルマに暮らして(閉ざされた国の人々と生活)」、勁草書房(1994)
●中村 保、「ヒマラヤの東―雲南・四川、東南チベット、ミャンマー北部の山と谷」、山と渓谷社(1996)
●寺井  融、「ミャンマー百楽旅荘」、三一書房(1996)
●多田富雄、「ビルマの鳥の木」、新潮社(1998)
●磯淵  猛、「飲むお茶、食べるお茶―ミャンマー紅茶物語」、PARCO出版(2001)
●中上 紀、「イラワジの赤い花―ミャンマ―ミャンマーの旅」、集英社(1999)
●吉田敏浩、「宇宙樹の森―北ビルマの自然と人間その生と死」、現代書館(1997)
●吉田敏浩、「森の回廊〈上〉ビルマ辺境に生きる山地民の心根にふれる」、日本放送出版協会(2001)
●吉田敏浩、「森の回廊〈下〉山の民と精霊の道を辿る」 、日本放送出版協会(2001)
●吉田敏浩、「生命の森の人びと―アジア・北ビルマの山里にて」、理論社(2001) 
●生駒忠一郎 (著), 林 恵花 (その他) 、「バガン平原の白いトラ創作世界動物小説―ミャンマー」、人間社(2000) 
●中村祐子、その他、「ビルマのむかしばなし」、新読書社(1999)
●竹山道雄、「ビルマの竪琴」ポプラ社文庫、ポプラ社 (1985) 
●じっこくおさむ、「ミャンマー物語」、三省堂(1995)